世界のどこかから

カメラやガジェットや海外旅行に役立つ情報、渡航先で利用した携帯電話のsimカードの情報についてや旅行記を書くブログです。

中国の南寧東駅に人民元を持たずに降り立ってATMをはしごした話

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑DMM TVは事前にDLしておくとオフラインな飛行機機内で↑
快適に動画視聴できるからとてもおすすめ

QR決済の普及している中国、alipayやwechat payがあれば、現金を持たずとも快適に過ごすことが出来る。
しかし、最近、外国人は中国の銀行口座を持たないとwechat payに入金するのが難しい状況となっている。

そんな中、香港(HKD)→マカオ(MOP)→珠海(alipay hk利用)→南寧へと移動してきて、
うっかり人民元の調達を忘れ、南寧東駅に降り立ってしまったときの記録。

結論から書くと、駅到着階の北側(地下鉄とは逆のBRT乗り場の方)の中国工商銀行のATMでキャッシングが可能。
海外用にジャパンネット銀行のVISAデビットカードを利用していますがお金を下ろすことが出来た。
駅構内には他に、広西北部銀行のATMもあるが、クレジットカードではお金を下ろすことができずかなり焦った。(ATMにはVISA等の記載があった)

以前もこの街は訪れたことがあり、交通カード(南寧市民カード)を持っていたので
地下鉄やBRTですぐに移動し適当にATM探せばよいと思っていたところ、残高が0.4RMBとなっており、地下鉄も乗れない状況だった。
地下鉄駅構内には、ATMがなく中国の広い駅内を探す事になってしまった。

深センや珠海あたりならHKDも使えたのだろうが、内陸にある南寧ではそうも行かず。

交通カードは、駅構内でブースが設置されておりそちらで購入可能。

ちなみに、alipayやwechat payが利用できれば、交通カードに駅でチャージすることが可能。
ただし、ローミングsimでは、wechat内のミニアプリにアクセスできずチャージが出来なかった。(2019年4月の情報。タイムアウトする。2023年現在は不明)
中国国内用のsimカードやネットワークでアクセスを試すのが良さそう。

現金でのチャージはチャージ専用の機械があるので、50元または100元のチャージが可能である。

【PR】