世界のどこかから

カメラやガジェットや海外旅行に役立つ情報、渡航先で利用した携帯電話のsimカードの情報についてや旅行記を書くブログです。

OM SYSTEM OM-1を手に入れたので久しぶりに写真を撮ったりしてる

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑DMM TVは事前にDLしておくとオフラインな飛行機機内で↑
快適に動画視聴できるからとてもおすすめ

3月半ば頃になんとなく気になっていたOM SYSTEM OM-1について調べていたら気がついたら手元にあった。

※この記事にはアフィリエイトリンクを含みます。

もうすぐ、OM-1 Mrak IIが発売されますね。
OM-1 Mark II 12-40mm F2.8 PRO IIレンズキット

OM SYSTEM OM-1を選ぶまで

様々な縁あって幼少期からOLYMPUS(オリンパス)ユーザだったこともあり、初めて自分用に手にしたデジタル一眼レフは、E-500だった。
当時、他社のカメラも検討していたが、主に撮るのが鉄道写真や風景で望遠を重視したものを探した結果、フォーサーズを選択することにした。
これは、35mm換算で倍の焦点距離の望遠を得られることと旅行に常に持ち運ぶことを前提としたためコンパクトさも重視したためだ。(なるべく荷物を小さくしたかった)

ja.wikipedia.org

E-500にSIGMAの18-50mm F3.5-5.6 DCと55-200mm F4-5.6 DCの組み合わせで撮影していた。

過去にE-500で撮影したもの
E-500 SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC ISO100 55mm f6.3 1/320秒

その後、2015年くらいにさすがにE-500が故障し、修理もできずOM-D E-M10のダブルズームレンズキットを格安で買いマイクロフォーサーズへ乗り換え(?)

E-M10で撮影したもの
OM-D E-M10 M.ZUIKO ED 14-42mm 1:3.5-5.6 EZ ISO100 23mm f4.5 2/5秒

2018年に本体の防滴防塵が欲しくなり、OM-D EM-5 MKIIを購入。(今にして思えばレンズが対応してないのであまり意味はない)

E-M5 MKIIで撮ったもの
E-M5 MKII SIGMA 60mm F2.8 DN ISO200 60mm f 4.5 1/1000秒

しばらくEM-5 MKIIを利用していたがOLYMPUSからカメラ事業が分離されることを知ってなんとなく最近の動向を調べていたらOMDS OM-1が発売されていたのでカタログスペックを眺めて見ることにした。

決め手

仕様を見てセンサーに4/3型 裏面照射積層型 Live MOS と書いてあるのを見て気を失ったら手元にあった。
裏面照射ってことは、ISO感度高めたときのノイズが過去の機種に比べて良くなってるのでは?など期待感が少し高まった。

レンズの組み合わせ

OM-1の12-100mm F4.0 PROキットを入手したので基本は、付属のレンズを利用している。
101mm以上ほしい時は、以前より保持しているSIGMA 55-200mm F4-5.6 DCをフォーサーズアダプターMMF2をかませて利用している。
今のところ新しいレンズに手を出さずに耐えている。

OM-1 SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC ISO200 82mm -0.3ev f5.6 1/640秒
OM-1 SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC ISO200 82mm -0.3ev f5.6 1/640秒

使った感想

今のところフォーサーズ一筋で来てるので他を知らない前提の感想となるが、
以前所持していた機種よりISO感度上げても気にならない。
メニューはタブが上になったのが少し違和感ある。
モバイルバッテリーから充電しながら使えるので電池もちが気になりにくい。
E-M5 MKIIよりは大きいけど持ちやすいので助かる。
手ブレ補正はとても良い。
AFがたまに変なところにあうけど、これはアップデートに期待するしか無いと思う。
撮ってて楽しい。

まとめ

添付した写真を見てもらうと分かる通り1枚を除きぼかそうとした写真は無い。
自身のライフスタイルに合ったカメラが選べているかなと思った。
もし、フルフレームのカメラを買うことが有るなら多分、LUMIXでLマウントを選ぶ。
OMシステム頑張れ。

※注 各写真はAdobe Lightroomでraw形式のデータからレタッチ済み

blog.fubukiefsf.info

※後にLマウントのLUMIX S9をお迎えしました。

blog.fubukiefsf.info

【PR】