世界のどこかから

ガジェットや海外旅行に役立つ情報、渡航先で利用した携帯電話のsimカードの情報についてや旅行記を書くブログです。

iPhoneに取り込んだオクトパスカード 八達通(Octopus)が無効になっていたので使えるようにした方法

ブログランキング・にほんブログ村へ

 おおよそ3年ぶりにiPhone(apple watch)のapple payに取り込んだオクトパスカード 八達通(Octopus)にapple payでチャージを行おうとしたところ画像のようなエラーが表示され失敗した。

エラー文
長期間利用がなかったため問い合わせをするようにと書かれている
エラー番号は[R9] 長期間利用がなかったためカスタマーセンターに問い合わせをするように書かれている。
リトライすると以下の画面も表示された。
リトライした場合のエラー
リトライした場合のエラー[R68]

オクトパスカードには最後のチャージから3年すぎると利用できなくなる仕様がある。(Suicaの10年利用しなかった場合に近い)
今回は、このエラーを解消したので解消方法を書く。

※この記事は、実質以下の記事の続きである。
blog.fubukiefsf.info

手持ちのスマートフォンがandroid機の場合のカード取り込みについてはこちらを参照。
blog.fubukiefsf.info

原因

現状原因は2パータン考えられる。

1. カードの有効期限

オクトパスカードには最後の利用から3年すぎると利用できなくなる仕様があり無効になってしまったパターン。

2. クレジットカードでの決済ができないパターン

海外での利用となるため不正利用と誤認されクレジットカードが停止してしまうことがあるようだ。
チャージ金額の大きさにもよるのだろうが、100HKDほどあれば2,3日なら十分に移動では利用できるためケースとしては少ないと思われる。
クレジットカードが止まってしまってる場合は、自身のクレジットカード会社に問い合わせをおすすめする。

カードの有効期限にて無効となってしまった場合のいちばん簡単な解消方法

物理オクトパスカードでも同様の仕様があり基本的には香港に渡航しMTRの駅の窓口等(客務中心)で再度有効化してもらうことで利用が可能となる。
客務中心は、香港空港のエアポートエクスプレスの窓口でも対応してもらえる。
英語で良いので単語単位で意思疎通さえできればすぐに対応してもらえるためお手軽である。

エアポートエクスプレスの窓口(切符売り場)
エアポートエクスプレスの窓口(切符売り場)

※この窓口は、エアポートエクスプレスの終電まで営業しているので深夜の到着でも対応してもらえる。

物理カードのオクトパスカード 八達通(Octopus)でのOctopusアプリを利用した解消方法(android機でのみ検証済み)

最後のチャージから3年過ぎたオクトパスカードをアプリに登録する際、無効になっているので有効化して登録するか聞かれるのでそこで有効化を選ぶと再度利用できるようになった。
※最後のチャージが2019年のオクトパスカードで2023年に再有効化し2024年に香港現地で利用したら利用できた。
ただし、この方法では香港のsmsが受信できる電話番号が必要となるため、敷居が高いため基本的には現地に渡航して手続きを行うこととなる。

octopusアプリでの登録方法は過去の記事を参照。
blog.fubukiefsf.info

香港の電話番号の入手についても過去の記事を参照。

blog.fubukiefsf.info

iPhoneのオクトパスカード 八達通(Octopus)の場合

いちばん簡単な方法と同じく香港に渡航しMTRの駅の窓口等(客務中心)で再度有効化してもらうことで利用が可能となる。 ただし、自分が香港空港のエアポートエクスプレスの窓口で対応してもらったときは、手数料(15.0HKD)が必要であった。
この手数料は、オクトパスカードの残高から引き落とされた。

再有効化時のレシート
再有効化時のレシート

今回、自分のオクトパスカードはapple Watchのapple payに登録されており、アクティベート時は窓口の係員にapple Watchを渡して対応してもらった。
iPhoneでも同様に係員渡して対応してもらうことになる。日本の駅でsuicaの処理をして貰うのと似ている。
※渡す前にオクトパスカードを表示して読み込めるようにしておく必要がある。

まとめ

今回は実際に現地で再有効化することで無効になっていたapple payのオクトパスカードを再度利用できるようにした。
日本に居てもiPhoneであれば定期的にツーリスト向けのオクトパスアプリからチャージを行っていれば無効になることはないようだ。